FC2ブログ

BLOG MADNESS

TOYSHOP MADNESS の店員の不定期ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニセモノ情報⑥

大変好評をいただいております「ニセモノ情報」
かなり間があいてしまいました。
楽しみに待たれていた方、申し訳ありませんでした。

今回もストリートファイターシリーズの情報です。

店長の私がわかる範囲でこれからは情報を公開していこうと思います。

さて今回は、前回の続きです。
今回はニセモノのポイントと見分け方 について書いていきます。

プレビューシリーズは出来がよく、体型も
ストリートファイター3が元のようで
海外でも人気があります。
そのプレビューシリーズの本物とニセモノの簡単な見分け方は
”箱”です。
箱の切り口が正確にまっすぐになっているかどうかです。
箱の上部の開け口や
下部の開け口
それと商品がみえる正面のところ等です。
ニセモノは切り口が雑だったり、
開け口にそってなかったりといったのがあります。
箱に印刷されているものが少し斜めになっていたり等です。

本体の方の見分け方は
塗装が雑かどうかと関節のジョイントの開きとかです。
塗装によって関節が癒着している
塗装が細かいところが塗られていない
肌色がどう考えても暗い。
といったところがポイントです。
これは全シリーズに言えることで
プレビューのみではありません。

やっとSOTAから発売になった
”ザンギエフ”
”E・ホンダ”
”ダルシム”
”レインボー・ミカ”
にいたっては、ニセモノは確認されておりません。
レボリューションシリーズという名で
プレビューの3体(リュウ、ケン、ゴウキ)が
再販される予定でしたが
事実上での発売中止だとおもいます。

ストリートファイターシリーズの確実な本物を手に入れるには
どうしたらいいのか?
といったお問い合わせをかなりよくいただきます。
確実な本物見分け方は
”日本発売された日本名になっている物を手に入れる”
の一言につきます。
どういうことかといいますと
海外で発売されたものは
名前表記が英語です
例 KEN VEGA AKUMA

日本発売されたものは
きちんと日本での名称表記になっております。
例 ケン バルログ 豪鬼

SOTAから発売され、すぐに日本の代理店を通し
日本でも発売されたので
日本語明記になっている物は
ニセモノが存在しません。
面白い話で
海外のコレクターは
みんなこぞって日本版をほしがっているのです。
なぜかはわかりますよね?
確実に本物しかないからです。

MADNESSにあるのはどうかって?
これで逆にニセモノを販売していたら
確実に豪鬼よりもリュウよりも
殺意の波動に目覚めてますね。

さてその他のニセモノ情報はまた次回に。



デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」
スポンサーサイト

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2009/05/13(水) 17:56:08|
  2. ニセモノ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ニセモノ情報⑤

大変好評をいただいております「ニセモノ情報」
今回もストリートファイターシリーズの情報です。

店長の私がわかる範囲でこれからは情報を公開していこうと思います。

さて今回は、前回の続きです。

前回も書きましたが
実はこのストリートファイターシリーズなんですが
相当の数のニセモノが出回っております。
ほんと相当の数が…

実際TOY業者がかなり困惑し
発売もとのSOTA社も相当困っているようです。

では前回の続きです。

まず、シリーズ3(ラウンド3)とシリーズ4(ラウンド4) です。

このシリーズ3、4は
ヒドい事に、全種類のニセモノが存在します。
(詳しいカラーバリエーションは
 www.xxMADNESSxx.com で!!)
全種類ですよ、全種類!
本当に酷いし、非道いですよね。

限定で販売されたゴウケンも各色のすべてが
ニセモノでも存在しています。
限定なのに…(切ない)

一番確実にニセモノと本物の見分け方は
ブリスター上部にある
リュウの絵です。
ニセモノはこの絵がぼやけています。
本物と並べなくてもわかるぐらいですので
ぼやけ具合は一流品です。
それと、そのリュウがプリントされている紙の
カットされている部分です。
本来はブリスター用に機械でカットされているものですが
これのカット部分がきれいではないのがニセモノです。
たぶん手動でカットしたんでしょう。
ハサミかなんかで。
これはシリーズ1の物でも通して存在します。
ですので、シリーズ1、3、4のポイントは
リュウの絵、紙の切り口 です。
さらに細かいポイントは次回に…

プレビューシリーズのリュウ、ケン、ゴウキも
ニセモノがあります。
ここで気がついた方はさすがです。
そうです、プレビューのリュウ、ケン、ゴウキは
シリーズ4のゴウキのボディなんです。
つまりどういうことかといいますと…
ボディは使い回して
頭さえ変えれば違う商品
ってことです。
たちが悪いことに
プレビューのニセモノは
プレビューが発売されてすぐに出回りました。
出先は…まぁいつものところです。
シリーズ4のゴウキのボディですから
生産は簡単だったんでしょう。
切ない。

某オークションサイト(YAH●O)←伏字になってない
に頻繁に出品されている海外パッケージものは
少し気をつけたほうがいいと思います。

ニセモノのポイントと見分け方は次回に!



デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2008/12/06(土) 04:34:39|
  2. ニセモノ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセモノ情報④

大変好評をいただいております「ニセモノ情報」
今回もスパイダーマンのカテゴリーですが
※ニセモノ情報のカテゴリーを作りました。

店長の私がわかる範囲でこれからは情報を公開していこうと思います。

更新が滞っており申し訳ありません。

さて今回はマーベル系ではなく、最近やっと発売された
SOTA社のストリートファイターシリーズのニセモノの情報を書きます。

実はこのストリートファイターシリーズなんですが
相当の数のニセモノが出回っております。
ほんと相当の数が…

実際TOY業者がかなり困惑し
発売もとのSOTA社も相当困っているようです。

店長の私がわかるニセモノは
★シリーズ1(ラウンド1)の
  リュウ、サガット、ベガ(バイソン)

★シリーズ3(ラウンド3)の限定カラーも含め全種

★シリーズ4(ラウンド4)の限定カラーも含め全種

★限定品の
  2パックのリュウ・ベガ(バイソン)、2パックのリュウ・サガット(2種とも)、ゴウケン

★プレビューシリーズの全3種

これは私が直にみて確認してないのでさだかではありませんが
うわさでは限定で発売されたダンもニセモノが存在しているそうです。

出所はやはりのチャイナでした。
なかには笑えるニセモノもあって
”RYU”のパッケージなのに日本で限定発売された
”殺意の波動に目覚めた隆”が入っているものがあったりします。
そんなものは存在しません!

上記にしめしたように、2パックのベガ(バイソン)とサガットについてるリュウが
”殺意の波動に目覚めた隆”なので
ニセモノの”殺意の波動に目覚めた隆”は
使いまわされまくってますね。
さすが主人公。

正式に販売された”EVIL RYU”は
日本で限定発売された”殺意の波動に目覚めた隆”のように
拳がクリアーではないのです。

2パックのリュウ・ベガ(バイソン)に入ってるリュウは
そのまんま”殺意の波動に目覚めた隆”で、
ベガ(バイソン)は成型色がブルークリアーになったものです。

2パックのリュウ・サガットでは、
ノーマル版は2体ともノーマルが入っていて
ブラッディ版は片拳のみがクリアーのリュウと
胸の傷とダメージ塗装されたサガットが入っています。
ブラッディ版のニセモノはこのリュウが、
そのまんま”殺意の波動に目覚めた隆”です。
切ない。

某オークションサイト(YAH●O)←伏字になってない
に頻繁に出品されている海外パッケージものは
少し気をつけたほうがいいと思います。

シリーズ3、4その他は次回に!

…すぐ更新しますので。



デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2008/11/24(月) 13:57:15|
  2. ニセモノ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ニセモノ情報③

大変好評をいただきました「ニセモノ情報」
今回もスパイダーマンのカテゴリーですが
※ニセモノ情報のカテゴリーを作りました。

店長の私がわかる範囲でこれからは情報を公開していこうと思います。

最近、お客様より「どこを見てニセモノと判断しているのか?」
といったお問い合わせが多くなっておりますが
あきらかにわかるものもあれば、パッと見ではわからないものも
多数存在しているので、一概には”ココで!”というのが難しいです。

某オークションサイト(YAH●O)←伏字になってない
に頻繁に出品されている。
HULKクラシック、X-MENシリーズ1のセット、X-MENクラシックのサイクロプス
は残念なことに確実にニセモノです。
まず、出品者が同じで、これらの商品をまとめて出品していたら
ソレは確実にニセモノだと思ってください。
レア物のメカハルク、ガンマパンチハルクとかが
同じ写真で何度となく出品されています。
最近では、ルーズのハルクバスターアイアンマンとか
ビルドのアポカリプス、
ルーズのサノス単品(マーベルセレクト)、ルーズのデストロイヤーとかを
出品しております。
これらは海外でも流出されており、出所はやはりチャイナでした。
ルーズのもので単品のみが多く出回ることなんて
すこしおかしいですよね?
ハルクバスター以外のMLシリーズ11のものや
その他のシリーズのものが出回らないなんて…
ハルクバスター単品のみが100個単位で出回っていること事態が
不思議ですよね。しかも付属品無で。
ビルドのアポカリプスも単品で出回るなんて変ですよね。

HULKクラシックも激レアな2体が出てないんです。
そうです、アボミネイションとアブソービングマンが。
この2体だけ、ないんです。
他の6体はあるのに。

お客様がメカハルクを購入してしまったそうで
そのときに聞いたのですが
バックカードが明らかに薄く、さらには一度剥がしたあとの上から
コピーされていたとの事で
”剥がした後があるのに表面には傷がないバックカード”
だったそうです。
酷い仕様ですね…

X-MENクラシックもサイクロプスのみです。
残りの4体はありません。
サイクロプスのみ100個単位であるなんて…

XーMENクラシックやHULKクラシックはTOYBIZ後期に発売された物でもあり
数が少ないとのこと。
さらには、かっこいい造形やスーパーポーサブル化しているキャラなので
人気があり、輪をかけてレアになってしまった物です。
サイクロプスは”ジムリースタイル”と呼ばれており、日本でも
このコスチュームがなじみ深いと思います。
もちろん、海外でも絶大な人気です。

確かに、「ニセモノでもおんなじで出して遊べるなら安いからいいや」
といった気持ちはわかります。
しかし中には、「すごく欲しくてやっと手に入れた!…あれ、これ…ニセモノかよッ!!」
といった方々が多く存在するのも事実。

おもちゃを愛する気持ちをニセモノ業者はわかるとは思えません。
ニセモノがなくなるとも思えません。

ですが、知識があればニセモノをつかまされずにすみます。
これからも私のわかる範囲で情報を公開していきます。


その他のニセモノ情報はまた次回に。


デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2008/07/29(火) 18:24:11|
  2. ニセモノ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセモノ情報②

前回、大変好評をいただきました「ニセモノ情報」
今回もスパイダーマンのカテゴリーですが
※ニセモノ情報のカテゴリーを作りました。

店長の私がわかる範囲でこれからは情報を公開していこうと思います。

前回、お話した「スーパーポーサブルスパイダーマン」
その”スパイダーマンクラシックシリーズ”にも何個もニセモノが存在します。

シリーズ12の再販版「VENOM(スライム無)」なのですが、当のVENOMが
クラシックス1のVENOMになっています。
この時期、ちょうどルーズのクラシックス1のVENOMが
なぜか大量に出回り、その出先はやはり中国でした。
その後、このシリーズ12VENOMがパッケージされて出現しました。
本国アメリカでは、見たことのない商品の出現に最初は
”新しく再販されたものなのか?”といった話がでて困惑したようですが
すぐにニセモノとわかり、ニセモノコレクターや珍品コレクターの間では
逆に高値がついたようです。

”FEARSOME FOES BOX”のニセモノも出回りました。
この話は、また後日いたします。

他にクラシックシリーズのVENOMのニセモノですが
シリーズ18の「STEALTH VENOM」があります。
こちらは”シリーズ16のVENOM”のリペイントとして発売されたものですが
バックカードが薄く、クリアボディのうえからの塗装が薄いものでした。

他にはクラシックシリーズ16の「MANWOLF」
シリーズ17の「SPIDER-HULK」
シリーズ19の「TOXIN」
とかがあります。これらは数が少なかったようで
市場からはすぐになくなりました。

その他のニセモノ情報はまた次回いたします。


デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2008/06/25(水) 21:09:35|
  2. ニセモノ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tsmns211

Author:tsmns211
東京都立川市にある
アンダーグラウンド系おもちゃ屋
”TOYSHOP MADNESS”の従業員

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。