FC2ブログ

BLOG MADNESS

TOYSHOP MADNESS の店員の不定期ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

☆キューブ

st-6-1.jpg


名前 キューブ
本名 ロイド・イルガジオ
別名 なし
職業 元電気整備士
活動拠点 アトムシティ
身長 175cm
体重 76Kg
目の色 モカブラウン
髪の色 青


超人能力(パワー)
任意に結界を張る事ができ、敵を閉じ込めたり防御壁にしたりする事が可能。
その大きさは蚤一匹程度の大きさから半径10キロと幅広く発生させられる。
その結界は彼の精神力が途切れない限りは存在し続ける。
無論、数も、である。
st-6-2.jpgst-6-3.jpg





起源(オリジン)
ロイドは元々は普通の電機設備の点検員だったが
台風で切断された電線の修理を任された時に起こった事故により
この能力を手に入れたらしい。
だがこれは本人談である。
千切れた電線の直撃で彼は一旦は死亡するが
救急車で搬送中に突如として蘇生する。
病院での検査で異常は見られなく
退院したロイドは再び電機設備員に戻るのだが
新しく配属された工場でロイドは地震で重機の下敷きになってしまう。
だが、彼はそんな事故にあったのに無傷だった。
駆けつけた社員は、彼のそばに寄る事が出来なかった。
「透明な壁がロイドの周囲に存在する」
社員や救急隊員は口々にそう話す。
それが元でロイドは会社を退社させられてしまった。
「超能力だかオカルトだか知らんが、得体の知れない人間なんぞ必要ない!」
会社社長の言葉は、彼の心を激しく傷つけた。
この日を境に彼は悲しみと憎しみに支配され、街の闇に消えていった…
ロイドが解雇された会社は数ヶ月後、とある怪人に襲撃を受けて休業する。
会社は全壊……
だが、死者は1人もいないという。
前代未聞の怪事件を起こした犯人は
”キューブ”
と名乗ったと生存者からの情報はあったが
その怪人が何の目的で会社を襲ったのかは、誰一人として検討がつかなかった。

こうして、ロイドは怪人キューブとして活動を開始する。
彼は不用意に殺人は犯さないが、かといって正義の味方でもなく
依頼があれば要人護衛から要人暗殺までこなすといった
傭兵的な活動もしていた。
そんな中、ロイドは悪行異能集団
”ルォンバー・リウス”と名乗る組織からの勧誘があり、興味本位から加盟する。
そこは悪人の巣窟のようであり、正直、居心地は良く無かった。
とある大型悪行組織の末端である”ルォンバー・リウス”の指導者
”アレクセイ・オリオレオ”は
世間を賑わすヒーロー、エンドリューとの戦いに命を懸けており
情熱と程遠い世界で時間を潰してきたロイドには滑稽でしかなかった。
ちなみに、国民的英雄と持て囃されるエンドリューに対してロイドは
”英雄気取りのクズ”と、冷めた感情で捉えていた。
それもそのはず。
ロイドは、エンドリューと親交のある少年が
マスコミに持ち上げられて特番を組むも
結局エンドリューは現れないという事実を目の当たりにしており
ヒーローの癖に子供の夢すら踏みにじるクズと
心底嫌悪しており、アレクセイの
「エンドリューを倒す!」という言葉に期待をしていた。

そしてロイドは幾度となく、エンドリューと戦う事になる。
最初はエンドリューに対する怒りや
異能を手に入れたが為に会社から追い出された過去に対する怒りで戦っていたが
エンドリューの紳士的な態度や
悪人である自分やアレクセイに対しても紳士的に振る舞う姿勢に
ロイドは人間的に惹かれていった。
それはアレクセイも同様であり、いつしか二人は非道な行為ではなく
正々堂々と戦い、エンドリューを倒すという志を抱くようになる。
だが、二人の思想は悪行組織の上層部に知れ、処刑の命令がされる事になる…

処刑当日、アレクセイとロイドは高圧濃硫酸のプールに沈められる…
ロイドはキューブとしての能力を使い
アレクセイと自分の周囲に結界を張り巡らすが
数日前からの拷問で体力は限界に近く、頼みの結界は次第に綻びを見せる。
アレクセイは自分の結界を解き
ロイドだけでも助かるように懇願するが彼は頑なに拒否する。

ロイドは、アレクセイの悪人としては愚直で少し頼りない所に感情移入をしていた。
当のアレクセイはロイドを親友と思うようになっており、奇妙な友情が芽生えていた。
二人は互いの命の無事を願い、過去の悪行を神に懺悔した。
この素晴らしい友の命を、自分の命で助けてくれ!!
その願いは奇しくも、エンドリューの手によって叶えられたのだった。
こうして、ロイドはエンドリューの元で
ヒーローへの道をアレクセイと共に歩んで行く事となる。
アレクセイは筋肉がダイヤモンド並の硬度を持つ異能者であり
”ガッツジャック”と名乗り
エンドリューを力で助けるヒーローとして活躍する。
だがそんな二人に、信じられない事実が襲いかかった………

エンドリューの死………

エンドリューが敵の策略にはまり、処刑されたのである。
ロイドとアレクセイは、声が枯れるまで泣いた………
そして二人は、犯人に復讐をしようと計画する。
しかし、犯人を殺す事が
エンドリューへの手向けにならない事を二人は熟知していた。
犯人を捕まえ、法によって裁く事。
犯人が持ち去ったエンドリューの遺体及び遺品の奪回。
エンドリューの遺体をしっかり埋葬し、彼の魂を安らかなる場所へ送る事。
自分達に光を差し伸べてくれた英雄の仇を討つべく
キューブとガッツジャックは犯罪者との戦いに明け暮れる………
彼らの心のどこかには
”まだエンドリューは生きているのでは?”という希望もあり
様々なヒーロー団体に助力を求めている。
st-6-4.jpg



初登場作品
「ACTION MAGAZINE」#18


↓こっちにも 幸輝ユニバース
デバスター

↑クリエイティブ・ユニット「DEVASTAR/デバスター」

スポンサーサイト

テーマ:アメコミ - ジャンル:サブカル

  1. 2009/07/30(木) 18:12:47|
  2. 幸輝ユニバース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<臨時休業のお知らせ。 | ホーム | 第48回 ミニ四駆レース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xxmadnessxx.blog45.fc2.com/tb.php/136-3271e503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tsmns211

Author:tsmns211
東京都立川市にある
アンダーグラウンド系おもちゃ屋
”TOYSHOP MADNESS”の従業員

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。